名古屋商工協同組合協会
協会概要
概要
協会のあゆみ
歴代会長
所在地マップ
協会員一覧
協会事業
総会・懇親会
表彰式・記念講演会
名古屋市との懇談会
優良企業・施設見学会
厚生旅行
新春講演会・懇親会
叙勲・褒章受賞者
叙勲・褒章受賞者
協会だより
名古屋市助成制度
外部人材育成
補助金・交付金
入会のご案内
関連先リンク

HOME>協会事業>企業見学会・研修旅行
協会事業-企業見学会・研修旅行(平成24年9月12日実施)
◎優良企業見学会
今年の優良企業見学会は三重県にある次の2か所の施設を訪問しました。いずれも当地域が誇る世界的な施設です。  午前中に中部電力川越火力発電所並びに同じ敷地内に立地する電力発電の教育研修施設である「川越電力館テラ46」。午後は味の素東海事業所並びに同じ敷地内にある「東海バード・サンクチュアリ」。  参加者は25名。非常に有意義な一日を過ごしました。
 
 川越火力発電所は海岸部を埋め立てた臨海工業団地の一角に位置しています。108haの広大な敷地に、電力館テラ46、温水プール、釣り桟橋、川越緑地公園を併置し、地域に親しまれる発電所を目指しています。  川越火力発電所の発電量は極めて大きく、現在、日本で第3位、世界で第5位の位置にあります。  発電の主力はかっては水力発電でしたが、現在では中電の発電量の7割は火力発電です。そして火力発電のエネルギー源は石油、石炭、液化天然ガスの三つありますが、川越火力発電所は液化天然ガスを利用しています。
( 川越火力発電所で概要説明を受ける)
 
 液化天然ガスはカタール、オーストラリア、インドネシアという世界の産出拠点から三重県の川越へ輸送する「シーレーン」が形成され、LNG船で運搬されます。エネルギー取引の自由化により中部電力は現在では、液化天然ガスの販売事業も積極的に行っています。  また伊勢湾にガスパイプを設置する計画が進行中であり、この計画が実現すると川越火力発電所と知多火力発電所を繋ぎ相互融通しあう事が可能となります。
 
(世界的なシーレーンを構成) 
 
(川越火力発電所は横綱である)
 
午後は四日市市内に入り、まず「プラトンホテル四日市」1階にある「日本料理たまゆら」で昼食。 割り子弁当と思いきや、素敵な内容のコース料理。これだけで今回の旅行代金4千円の価値があると満足して次の目的地に向かいました。
( 昼食風景 )
 
味の素株式会社東海事業所は、同社が生産するほんだしの生産量を、川崎事業所と、50%づつ分担する主要工場です。また、砂糖の約200倍の甘味をもつアミノ酸系甘味料アスパルテームの生産では世界一の生産量を誇っています。
 
(味の素東海事業所の工場見学受入れサービス)
 
東海事業所の敷地内に5700㎡の広さの天然の湖沼があります。この湖沼を囲む約7000㎡の緑地を、従業員の出入りも制限する「バード・サンクチュアリ」として、広大なるビオトープをかたち作っています。餌を与えずに自然のままに委ねて、年間に400種類もの鳥が飛来します。トンボやチョウなどの昆虫の種類も多く、豊かな生物相が形成されています。
 
(バード・サンクチュアリの奇跡の緑地)
 
今年の優良企業見学会も予定通り順調に終了することができました。 今回は三重県の施設でしたが、当地域は、我が国産業技術の中枢圏域であり、産業観光が大きな観光の魅力にもなっています。今日の二つの施設も視察者の受け入れ体制は素晴らしいものがありました。
 
(味の素東海事業所で参加者全員の記念写真)
 
 

協会事業 平成28年度優良企業・施設見学会
平成27年度優良企業・施設見学会
平成26年度優良企業・施設見学会
平成25年度優良企業・施設見学会
平成24年度優良企業・施設見学会
平成24年度名古屋商工協同組合協会研修旅行報告
平成23年度優良企業・施設見学会
平成23年度名古屋商工協同組合協会研修旅行報告
平成22年度優良企業・施設見学会
↑このページのトップへ
名古屋商工協同組合協会
住所: 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号 中小企業振興会館6階
電話: 052-735-2137 FAX: 052-735-2138